テレビの力

テレビ離れが進んでいるとは言われていても
やはりテレビの力は強いなと
PRをしていても感じます。

薄型テレビの保有率は
全ての世代で80%を超えているという調査結果もあります。

それだけの人が持っていて
つけるだけで受け身で情報が得られ
ネットと比べて信用も高いため
個々人に与える影響力は相当なものです。

だからPRでは
テレビに取り上げられると、一気に認知が広がります。

テレビ出演した翌日、行列ができるとか
品切れになるとか
当たり前に起きています。

ただ、それだけ影響力があるだけに
簡単に扱ってもらえないのもテレビです。

ネットや口コミですでに売れていたり
実績のあるものは取り上げられますが
そうでない新しいものは
なかなか見向きもされません。
ですからそれを踏まえて実績をきちんと
作る必要があるわけです。

弊社のPRプランニングで
長期で担当したクライアント様を
キー局やNHKに取り上げてもらうことができたのも
地道でコツコツと実績を作り続けたからだと思います。
時にメディアに出れるまでに約3年かかったりと
かなりの長期戦になることもあります。

ただ、やったことは着実に積み重ねられます。
何もないところから、イベントや書籍などを含めてあれやこれやと企画を練り
小さな記事に取り上げてもらえるようになると
やがて大きな記事やテレビにも注目されるようになってきます。

上場企業の傘下にあったある企業が
誰もが知っているテレビ番組に取り上げられた時
親会社の株価が大きく変動し
騒ぎになったこともありました。

高い壁だけど
当たると大きいのがテレビ出演。
その影響力は、まだしばらく続くと思います。

PAGE TOP